読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにはブログ名がくる

ここにブログの説明を書く

今から観るべき海外ドラマを3つ教えてやる 特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」

僕の契約しているネットフリックス明日で無料体験が終わる。

無料体験後、月額料金払っても見たい作品が絶えないのでキャンペーンに乗っかります。

今、あるいは年末年始でみるべき3つ

  1. ●ハウス・オブ・カード
  2. ●SUITS(スーツ)
  3. ●フラーハウス

 

1.ハウス・オブ・カード

f:id:migitegauzuku:20161204171620j:plain

海外ドラマってシーズンなんぼで、話数多くてっていうことで敬遠している方が多いと思う。

作品が多い、何から見ていいかわからない、誰かのオススメからで入ろう、って考えているでしょう。

 

で、あればこのハウス・オブ・カードというスーパー安牌でいい。

配信しているネットフリックスのオリジナル作品で、ユーザーの視聴傾向の分析で

(ウィキから)

100億円出資した作品だ。友達やたまたま見たブログでオススメしているような希薄なものじゃない。何と言っても固いのだ。ハズレじゃない確率が高い。

 

・最初に観る作品としてハズレじゃなさそうだ。んで、どんな話??

一人の野望ある政治家がホワイトハウス入りを成し遂げるんやで

・どこが面白いの?

主人公、フランク・アンダーウッドは独り言のようにしばしば我々視聴者に言葉をかける。

内心なんて思っているか、どんな手でくるか、なんていってくるか。そして言われたとおりの反応をしてきて、こちらに「ほらね」と目を向けてきたりもする。視聴継続を決意させたのは2話の序盤だ。

報道官から巨大企業のロビイストに転職した人が去った後、

 

「何たる才能の浪費。

彼はこの街の大勢と同様、権力より富を選んだ。

富など10年で崩れるフロリダの豪邸のようなもの。

 

権力は数世紀先まで残る堅牢な石造建築だ。

 

違いを知らぬとは愚かしい」

 

自分の野望のため傲慢な主人公へ、視聴者は畏敬の念を抱かせる。彼は魔王だから。

シーズン1 大統領との約束を反故されても院内幹事という役職でも力づくでやりたい放題する。面白いのは、上にあがるほど相手が思い通りにならないことだ。ドンドン権力をもっていくのに、それとは相反するように人が思いのままに動かない。

 

f:id:migitegauzuku:20161204182353j:plain

・今見るのはいい時期だよ

① ドナルド・トランプが勝った大統領選挙がもっと身近に感じられる。

シーズン4まで配信されており、シーズン4は2016大統領選の話題だ。

 

② 僕はシーズン4まで配信されている状態で見たんですが、各シーズンごと最終話が早く次を見たくて堪らない終わり方になっていて、イッキ見できるしシーズン5も2017年配信だ。(今までの配信日から察するに2月か3月。もうすぐだね!)

 

③ ちょうど年末年始だよ。時間あるよね。

 

・オススメのエピソード

シーズン2 1話 

ラストのラストすっごい鳥肌たった。震えた。頭を垂れたであろう。そして、ラストカット。くぅうぅぅぅって唸った

 

シーズン2 3話 

一度は共和党と手打ちしたのに、相手が採決になって怖気づいた。

民主党「どうやって寝返らせる。どうやって採決させる。

・・・・

なんとかいけそうだ。目処が付いた。」

共和党「それなら、こちらだって手がある」

民主党「アカンかも・・・何か方法はないか?

・・・

あった・・・」

共和党「そうは、い神崎(震え声)」

民主党「」

っていうやり取りが議会その場でやられる。面白すぎた。

 

シーズン2 13話

ラストカット。カッコよすぎて何回も戻して見た。

 

シーズン4 13話

ラストカット。カッコよすぎて何十回も戻して見た。

 

 

2.SUITS/スーツ

f:id:migitegauzuku:20161204181953j:plain

レアルのサッカー見てたら、解説の玉乃淳がスーツ面白いですよ。

ってその一言で見てみた作品だ。

何の前情報もなしに1話みたら止まらなかった。

 

左の天才弁護士と右の詐称弁護士(チート能力あり)のバディものだが、

休憩もせずずっと連続でみさせるのは、会話の面白さだ。

法廷のシーンが少なく緊迫感がそれほどないのが逆によくて、気軽に見れるようにしてあり弁護士だから口が非常にうまいのだがジョークの掛け合いが最高。

嫌味がまた笑えて気持ちいいんです。

何より弁護士先生を上回る強キャラ、ドナっていう女性を好きになってしまうはず。

 

ライバルであり嫌な奴の設定も上手くて、キャスティング完璧ですよ。

初見でこいつイヤやなー、見た目も喋り方が無理ってなる。

見た目ってデカイんだなぁと改めて気づく。左の天才弁護士、ほんと敏腕そうでしょ?

ベッカムにも少し似ている。

 

シーズン1の1話がこれなら、シーズン2の1話はこの話題しかないっていう脚本もまたうまかった。レギュラーで出てるキャラはみんな好きだ。ルイスもね。

ハウス・オブ・カードは面白かったけど、孤独に苛まれるから少し気持ち辛いこともある。だがスーツは勧善懲悪で気持ちいい。騙されることもある、ウソを付くこともある、同情したくなることも。でも最後の最後、黙らせて勝つ。

 

みんなプライド高いからツンデレなのがいい。嫌なやつばっかだけど、ドロドロ心に沈殿するものはない(シーズン1は)。いいドラマです。

 

3.フラーハウス

あーあーあーあー えゔぃえーゔぃうーええ えゔぃえーういー いつさんばでぃふーh-ふん

f:id:migitegauzuku:20161204184207j:plain

そう。フルハウスの続編です。

 

ですが、メインはD.J、キミー、ステフです。

他のフルハウスのメンバーは時々ゲストで出るぐらい。

1話見たときはあの大好きなフルハウスの続編だから、ミシェルはいなくてもみんな集まってすっごく嬉しかった。

でも、ダニーもおいたんも、ジョーイもここに住むわけじゃないって知ってすっごい寂しくなる。僕の大好きなフルハウスはみんないてこそだ。

 

話数を重ねても、ゲストで出てきて嬉しいけどどうせ帰ってしまうことがすっごくすっごく寂しい。でもいちいち会話は笑える。するとどうだろう、DJがダニーに、キミーがジョーイに、ステフがおいたんに見えてくる。

フルハウスのシーズン1とかでまだまだ子育てができなくて未熟だったけど、一緒に楽しく笑ってときには悲しんで成長していく彼らそのものだったので、もうあいつらがいなくても大丈夫だって思えてくる。DJとキミーの子供らが、もう愛おしくて愛おしくて。

 

また上手いこと続編として愛せる脚本にしたなぁと感心しきりぱなしだった。

吹き替え声優はもちろん同じだよ!

そんなフラーハウス。シーズン2が12月9日配信です。

また、タイミングいいですねみんな!見ようね!

 

最後に

ハウス・オブ・カードから僕のネットフリックス=海外ドラマ見る生活が始まったけど、時間がないって方は上であげた良作に出会うと習慣が変わりますよ。

面白いドラマがあるからそれ見るために今までイングレスに費やしてた時間が、海外ドラマへ。

ネットフリックスは習慣を変えます。

 

入会1ヶ月で見てきたのは、ハウス・オブ・カード→フラーハウス→ゲットダウン→スーツです。それでもまだまだ面白そうなドラマがあります。

楽しいね!

 

 

特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

【PR】海外ドラマ、見たくなったら ⇒ Netflixは1ヶ月無料体験