ここにはブログ名がくる

ここにブログの説明を書く

ピンポン ドラゴンは誰のために卓球をやっているのか問題

2014年4月から17年前の卓球漫画をアニメ化した「ピンポン」という作品がある。

9話において、ドラゴンは誰のために卓球をやっているのか

f:id:migitegauzuku:20140612000550j:plain

その返答がアクマと真田で変わります。この解釈が放送終了後、自分とまとめサイトなどで見た解釈と違うのでとりま自分の解釈を書こうと思う。原作は既読です。

自分はアクマへ言った「無論、自分のため」が本音で、真田へ言った「・・・無論、チームのため」がだと思っている。正確には、自分の「勝利」のためだと思っている。だが放送後の巨大掲示板様をまとめたサイトではアクマへ言ったのが嘘で真田へ言ったのが本音というもの。(どちらも嘘で~など他の意見もあるが、その辺りはもうググって見てください)

 

解釈はアクマに「自分のため」と言った後に続く会話が大きい。

 

アクマ「冗談言わないでください。今のが本音なら、俺だって何も」

アクマ「ちっ、余計なこと言ってるなどうも・・・すいません忘れてください」

真田「佐久間よ、恨むか?私を」

アクマ「同情してますよ。あなたには、わからないでしょうけど」

そしてタイトル、「少し泣く」は何に泣いているのか。

まとめサイトで見た解釈は誰のためにやっているかだけ注視して、その後の会話がどういう意味をもっているか説明不足というのが本音。そのため、自分の解釈に説得力を持たすよう色々書いてく。

f:id:migitegauzuku:20140611213222p:plain

アクマの「今のが本音なら、俺だって何も」に続く言葉は何だろうか。すぐ後に続く「恨むか?私を」というセリフと一緒に考えるとドラゴンが卓球をやるのが自分のためだった場合、恨まれるようなことだとドラゴンは認識しているということだ。

思うに、アクマはチームのためにドラゴンは卓球をやっていると思ったからスマイルに戦いを挑んだ。ユースオリンピック優勝して帰国したインタビューで、海王を憂いチーム全体の総合力が低下しておりスマイルが必要と言ってるため、憧れのドラゴンに褒めてもらいたい・スマイルがいなくてもやっていける証明のためにスマイルに挑んだ。そして負け卓球を辞めることになった。

それが、ドラゴン自身のためにやっているのであれば何もスマイルに挑むほど追い詰められなかったし、卓球をやめることもなかった。と言いたかったんだと思う。だから余計なこと言ってるなとつぶやき、ドラゴンは恨むか?と聞いたのではないか。

f:id:migitegauzuku:20140611215454p:plain

さらに、トイレという場所は7話で叔父でコーチの風間卓が逃げ込んでいる絵を思い出す。おじじが「男が泣く所を人に見せるな。人に弱みを見せるな」という回想があったように、トイレはドラゴンにとっても弱みを隠す場所だと思う。ならば余計本音を言わないのではないかと思うかも知れないが、もうアクマはドラゴンの卓球をやる重圧(この一言で片付けられないほどの色んなことがありますが)をわかっているので本音・弱みを隠すことに意味がない。笑うか?ってドラゴンが聞いてるセリフもありますし。

f:id:migitegauzuku:20140611224553p:plain

では、真田に何故嘘をついたのか。

真田は「きさん、らしか答えじゃ」やスマイルとの戦い中に「チームのことば、一番に考えちょった」等、ドラゴンはチームのことを考えていると思ってます。アクマがスマイルに挑んだ時に海王の今後を憂いたことや、オリンピックユースでのインタビューで海王にスマイルみたいなのをと発言したことから海王・チームのことを考えていると思ったのではないでしょうか。

ちなみに、ドラゴンは何故スマイルを欲しがったのでしょうか。ド ラゴンが2年生の予選時、スマイルに「海王の連中は使えないグズばかりだ。自覚がない分、質が悪い。」片高にコーチと来て勧誘した時も「淀んだ川の水を好 んで住み着く魚もいるのだよ。それは習性であり決して変化することはない」等々、周りの人についてディスりまくってます。このまま使えない海王の連中ばか りだと、自分も腐る。海王の連中とは違う次元を身につけているスマイルならばいい練習相手になるから。2話でペコもスマイルがいないと練習にならないと言ってたように。

そうして自分の練習相手のために欲しいと言ったスマイルを、海王のチームとしての勝利のために欲しがっている、と思っている真田にドラゴンは真田の期待通りに応えたいから嘘をついたんじゃないかと思ってます。周りからの勝って当たり前の期待通り生きてきたから。

6話で海王の練習シーン、猫田が「真田がおらんかったら今頃チームはバラバラや。お前がキャプテンやったらええのにな」というセリフからもドラゴンがチームのために卓球を、とは考えにくい。しかもスマイルが「佐久間を退部に追いやった僕が海王に行ってどうなります」というセリフを逆に考えるとドラゴンはそんなやつでも海王に入れたがっている。バラバラ必至です。

 

f:id:migitegauzuku:20140611223744p:plain

泣く理由

トイレに行く前に対戦表を見てペコがチャイナに勝っているのを見て「泣けるぜ」っていうセリフがあります。ここが重要です。小さい頃に憧れたヒーローが帰ってきてくれたからのセリフです。

その後、高校でのアクマのヒーローはドラゴンでした。そのヒーローが卓球をチームのためじゃなく自分のためにやっていると本音を知って、ヒーローじゃなくなってしまったことに泣いたのだと思います。

 

 ※11話で小泉・田村・おじじの会話で、おじじは「勝つことがみんなを幸せにすると思っていた」と話したり、小泉が誰のために卓球やっているとおじじに聞くと「無論みんなのため」と答え田村のおばばに「嘘つけ。まぁ、あんたらしい答えだけどな」と言われます。   自分の考えと、周りからはそういう考えだと見られていないというのがドラゴンとおじじなのかなぁと思ったりしました。

f:id:migitegauzuku:20140611234353p:plain

原作では出てこない、ドラゴンの父親。何故このキャラを出してきたのかもついでに考えました。

ドラゴンの父親は、原作でドラゴンがヒーローについて何かしらの思い入れがあるようなセリフがあり、その肉付けために出したのだと思います。

6話で「ヒーローなどいない。あるのは現実と、それに適合できるものだけが勝者となる事実だ」や7話の父親の事業の失敗から冷遇、卓球の才能が見えるとおじじからの厚遇。

ドラゴンにとって、父親はヒーローだった。だけど商売の「才能」がなかったから失敗し結局亡くなった。父親=ヒーローの不在により、自分の背中にすべてが寄りかかってきた。父親が失敗しなかったら、ドラゴンの絶対勝利、海王の常勝などのプレッシャーに出会うことはなかったし、ヒーローの父親に教えてもらった卓球を苦痛に思わなかっただろう。

おじじに負けは死と同義だと教えこまれたため、父親の事業失敗=敗北=死を見たドラゴンは余計敗北に怯え、さらに海王の勝利、勝利によるポセイドンの広告、おじじの金で生きる家族を背中に抱えるプレッシャーでトイレにこもります。ヒーロー=父親がいたなら、こうはならない

ドラゴンにヒーローはいません。目の前にヒーロー不在による過酷な現実があるからです。

f:id:migitegauzuku:20140611230005j:plain

スマイルが掃除ボックスにこもったようにドラゴンはトイレにこもります。スマイルがそこから助け、救って欲しいようにヒーローを信じることができなくなったドラゴンも救うのが10話「ヒーローなのだろうが!!」です。

 

 

アップアップガールズ(仮) 中野 超決戦 J:COM組の感想

物語の始発点でもあり、通過点でもある場所中野サンプラザで2014年6月1日アップアップガールズのライブがありました。

僕は彼女達のことを知ったのも2013年の1月と遅く、さらに初めてアイドルにハマったレベルなので、この中野サンプラザでやることの文脈や重大性には疎いと言えます。
ですが、テレビの前に映る7人のことがダイスキでニヤニヤしたり叫びたくなったり時には泣きそうになりながら見ていました。佐保さんマジ天使。

f:id:migitegauzuku:20140602004203j:plain

 
ライブのはじまりはじまりー
7人の影が白いカーテンの向こうにある中、1曲目は(仮)は返すぜ。歌の入りの歌詞が、
「今日のために生きてきたような すっごいステージみせたげるよ」
というアプガのライブを言葉にした時のこれ以上ないベストな表現です。高まります。
白いカーテンが勢いよく外されて7人の新衣装が見えた時、Twitterでわたくしの第一印象が下ございます。

f:id:migitegauzuku:20140610205426p:plain

 
この曲をライブで見るのは3月以来なので歌い方をかなり変えて来てたんだなと思いました。単純に歌うというより言い放つようにアクセントをつけてきた印象です。作詞した大森さんのような感じでした。佐保さんマジ天使。
 
もう1曲やって、MCが入りましたが森崎さんが私が私が、とツアーでスベリすぎて感覚がオカシクなってしまったのか大分仕上がりがアレでして、なんか良いこと言った替え歌で本戦を迎えてしまいました。
誰もがスベるのを期待していたのに、です。

f:id:migitegauzuku:20140602005008j:plain

関根さんに至っては同じグループのメンバーではなく赤の他人を見る目となっております。震えます。歌い終わった後のメンバーと会場の戸惑い、たまらなかったです。それがめちゃくちゃ面白かったです。佐保さんそれでもマジ天使。
 
後、青春ビルドアップの冒頭7人の背中がめちゃくちゃ感慨深かったです。ブワッと鳥肌が立ちました。振付と小ネタ演技を場所が広く使えてより良い物になってました。

f:id:migitegauzuku:20140602005844j:plain

f:id:migitegauzuku:20140602010852j:plain

ディスってた衣装もアッパーロックで生きました。この曲で全体暗くしてレーザーとゴリッゴリのEDMなんでクッソアガりました。
新曲の全力!Pump UP!!は個人的に脳みそ筋肉じゃねってぐらいシンプルでチャラい作りでスキです。佐保さんのことはもっとスキです。カメラをおもちゃにやりたいことやりたい放題していいんです。
メンバー皆、客席に降りたり、ステージにいるメンバーは遠くを意識した目線だったり、カメラを意識した動きもあったりと非常に贅沢な感じでした。

f:id:migitegauzuku:20140602012129j:plain

後半戦からの新衣装ですが、

f:id:migitegauzuku:20140610205439p:plain

特に目立ったのが色が淡い感じだなぁと思いました。そしてそしてアンコールです。ここで色々思うことがありました。

 

ある種目立ったのが関根さん。メンバーほとんど不安だったことや過去の心情を吐露してるけど、この人はそこをひた隠してた。ジェスチャーも多く、なーんか恥ずかしがり屋に見えました。

仙石さんの他と違いは心情じゃなく境遇を話した所でした。最初は仮Tシャツから始めてー色褪せるまでやりー50人ぐらいしか集まらなかった等々。同期の話や先輩の名前を出したりと全体を俯瞰して見る人なのかなと思いました。

f:id:migitegauzuku:20140602033029j:plain

新井さんはアプガを体現している人だなぁと思いました。アプガ自体ダメだった子達のONCE AGAINなんですが、挫折からまた這い上がるその物語性が素晴らしいわけで見てる自分たちも頑張りたくなる、もしくは応援したくなる人達なんです。その子達の中で一番出来なかったと思われる子が出来るようになったら、それはとても勇気づけられます。ホンの少しですが何かと彼女が成長した話を聞くと、ただ単に本気出さなかったんでは?疑惑がございます。まさか・・・ね・・・

そして彼女は強く、自分はダメだ、ライブで顔が死んでた等過去の不出来を語ります。それを言えるのは現在の成長した結果があるからであり、その結果の要因を彼女は自分ではなくメンバー、マネージャー、ファンの方々にあると語ります。しかし、筋トレのエピソードではメンバーに追いつこうと、という発言がある通り彼女を強くしているのはアプガの他の6人のメンバーだと思えます。アプガの物語性を体現している新井愛瞳が、アプガ自身に強くしてもらっているという構造は面白いなと思えます。

 

次は森咲樹森崎さんですが、新井さんの次でその話って言うのが対比として上手く出来たなぁと思います。新井愛瞳がステージに立つ側の話をして、森咲樹がステージを見ている側になる話をしてからの、そっちには行かないという話。

辛いよ、大変だよって思った時に、どうしようか夢を追うのも大切だが普通に大学生やって就職活動をやってそういう人生もありかなと考えたこと。多くの人は初めから持たないか夢を諦めます。これもありかなという妥協の選択をして生きています。夢を諦めたらステージを見ている側になります。

ですが武道館で先輩やでんぱ組を見ている側として立った時に、彼女はステージ側に立たなきゃと境界線を超えることをしませんでした。可愛いアイドルになりたかった森咲樹は、妥協のこれもありかなというアイドルではなくアプガの現在を肯定しています。今よりもっと大きくなれば、幅も広げなければいけないため可愛いアイドルもやらしてもらえるとも思えます。彼女の物語は武道館で自分も立ちたいと思った彼女みたく、森咲樹に憧れて境界線を超えてくるような人を作るのがいいかなと思いました。

森ティ嫌いな人がいると思うしのくだりは、前田敦子リスペクトなんでしょうか。もし、ライブ後のハイタッチ回があるとしたら森さんの所だけハイタッチの瞬間手がスベる感じにしたいです。森さんだけかなり長文ですがそない思い入れはありません。スベる度にゾクゾク来るだけです。

もう眠たいので古川さん佐藤さんは割愛致します。

 

佐保さんマジ天使。あぁマジ天使。マジ天使。

f:id:migitegauzuku:20140602032713j:plain

 

今後どうなっていくのか。ますます動向が気になるアプガさんでした。

いつかマーブルヒーローがいかに素晴らしいかを語りたいと思います。

ミッドナイトクラクションべいべー

初夏を迎え窓を開けたままでいると、車の音や大声での話し声が聞こえます。
聞くことに注力すると車のクラクションというものは何を言いたいのかわからないなぁと思いました。
さながら動物の鳴き声のようです。

わざわざ人の意思をハンドルの真ん中を押してブーーーという音で示さなくても危ない!や、ありがとう!と言ってもいいと思えます。
僕は連打してディディディ、ディージェーケオリーって鳴るやつにしたいです。
f:id:migitegauzuku:20140521234133j:plain

作画ひでぇww って言ってるやつは社畜じゃないよな?

アニメが好きです。でも、作画とか色んなことはよくわかりません!

 

わからないなりにも、持ってる豆粒のような知識で

作画www 紙芝居www

って言ってる人見ると目を細めてしまう。

進撃の巨人の放送時だったか、紙芝居!だと批判している人は仕事をまともにしたことあるのかなぁという疑問が出てくる。

限られた予算と時間でやらなくちゃいけない仕事で、どこに力を入れてどこで怠けるか。そういうことを考えて動くでしょう。ずーと全力で動けるわけないじゃないか。なのに怠けてるだのの評価はアホじゃないか。

画は止めるな。描いてけ働けってか。まさか同じ口でブラック企業を批判していないだろうか。動いてて当然、止め絵なんてダメなんてなるとドンドン制作側が疲弊しちゃうだけでプラスにならないじゃないか。最低ラインだからそこ、みたいな見方されちゃうとハードルは上がれど給料は変わらずみたいなことになって潰れるだけじゃないか。

大体こういう評論家様は、テンプレだの見たことあるだの何かと新しくないといけないと考えてるくせに上に書いたような想像力もないってイメージ。イメージね。

 

個人的にはぬるぬる動くだの作画スゲェだのの評価ってどうなのかなぁと思う。製作期間を前倒しして(予算がないから無理だろうけど)時間さえかければいいのだから、それって凄いことか?って思う。

作画ぬるぬるは見てて面白い所だけどその力をどこかで抜いてるだろうから、そこは責めちゃダメだぞって思います。

 

 

11月15日(金) 雨のち晴れ

スーパーに行ったらレジのおばちゃんがサンタの帽子をつけていました。もうそんな季節かと悪意がセカイを覆っているなと思いました。

第2のももクロはこいつらだ!~つんく♂よ養分になって夏~

人は衰えます。アイドル当人の可愛さや美しさや人気なんてものは続きません。若い今だからこそ、一番輝いているであろう時を録画や過去映像や人から聞いたなどで味わうのではなく今の雰囲気を逃してはいけないと思うのです。

たくさんのアイドルが出てきている中で、きたる全盛期の手前の今から見届けて頂きたいのです。

アップアップガールズ(仮) ※以下アプガ。 

f:id:migitegauzuku:20130827202347j:plain

彼女達が第2のももクロというか次に来るアイドルだと確信しております。サウナの中で腕組みしながら確信しております。それは、今たくさんいる伸びてきているアイドルの中で他にはない物語を持っているからだと考えている。
ここから彼女達の経歴を書きますが筆者は「だから売れる、応援したくなる」と、これがすべての要因だとは思っておりません。彼女達を好きになったきっかけは曲とダンスなので、それも合わさって相乗効果だと思います。
 
2013年8月31日横浜ブリッツ公演のチケットが完売しました。
彼女達には思い入れのある場所です。メンバーの仙石みなみ 古川小夏 森咲樹 佐藤綾乃 佐保明梨 関根梓 新井愛瞳の7人は「ハローエッグ」というハロプロのタマゴという位置づけでレッスンを受けハロープロジェクトの一員としてデビューを目指す研修制度の出身です。ジャニーズJrみたいな位置づけです。wikiからパクるものです。
2004年にオーディションに合格した彼女達は残念ながら2010年に研修過程終了を言い渡されました。つまりクビです。今後の活動も未定の状況だったそうで。ハロプロエッグとしての事実上最後の公演が、チケット完売した横浜ブリッツだったのです。そういった思い入れがある場所でのライブのチケットを完売しました。
2回目の挑戦で。
 
横浜ブリッツは2013年10月14日をもって閉鎖するそうです。思い入れのある場所で単独ライブが決定が明かされた2012年12月から当日の2013年4月までアプガの7人は満員にしようと精力的な活動をしました。→ http://www.cdjournal.com/main/special/run_upgir_run_kakkokari/695/1#50dayswar
結果、2回目の挑戦と書いたのから察して頂けるでしょうが満員にはなりませんでした。ですが2013年8月25日、ライブの会場での販促で完売しました。それは最後のチャンスが行われる8月31日まで1週間を切った日付でギリギリでした。

f:id:migitegauzuku:20130827204110j:plain

もうソールドアウトなのでライブにはいけないでしょうが、そんな物語のラストである今雰囲気を味わった方がいいと思っております。アイドルに付随する物語は、当人たちを応援したくなる大きな要因だと考えている。今更こっそり申し上げますが、アプガでアイドルにハマってアイドルヲタというのもおこがましい7ヶ月目です。この7ヶ月でちょくちょく見た知識なのです。
AKBであれば総選挙。前田さんと大島さんの1,2位争いがすごかったと聞いております。総選挙のシステムはスゲーなぁーと思っていて、順位が低く涙すればファンはもっと応援しなければまた悲しい思いをさせてしまうと頑張る。順位が高く満足すれば、アイドル当人の笑顔や嬉しい言葉を聞けばそれがご褒美になる。とにかく、応援したくなる物語が出来てるんだろうなぁと思ってます。
ももクロであれば、結成から目標である紅白歌合戦。その道のりまで青色さんの脱退。メジャーデビューまでして、これからって時の脱退から夢までの物語はかなり強いと思います。最近ももクロの良さに気づいたので、当時の雰囲気を知らないのでこうしてアプガのこと書いて、今乗れってことを言いたいのです。

f:id:migitegauzuku:20130827204317j:plain

チケット、ソールドアウトとなって彼女達の物語は一つの区切りを迎えたわけだがライブを前にそんなこと言っているわけだが、ではもう地道に売れるよう頑張るのみなのかと考えたがまだあった。彼女達の名前に明らかに浮いてる文字列がございます。

(仮)

これはメジャーデビューしたら取る。という体裁をもっています。本人たちは一応取りたがっております。ですが、今日日メジャーデビュー自体は凄いですが音楽業界の衰退と共に衝撃はない。これで物語は終了して、私達の戦いは続く!となっていいのだろうか。さらに考える。ようやく釣りサブタイトルかよと思われている御大の名前に触れていきます。

 

ももクロが紅白出場までが大きな一区切りの物語なら、アプガの物語はモー娘。に勝つまでが物語の一番の盛り上がり、頂点たりえます。

ハローエッグに入るぐらいですから、当時のハロープロジェクトに憧れていたのです。なりたかったのです。あの一員に。

あのメンバーにもうなることは出来ないけども、同等、それを超えるのは出来ないわけではありません。ですが、数年Mステに出れなかったオリコン1位も中々取れなかったモー娘。は彼女達が憧れたモー娘。ではありません。そんなものに勝っても物語は盛り上がりません。

はいけー つんく♂さま 最近Mステ出てオリコンも連続で1位取れたと伺いました。そのままで、もしくはもうちょっと売れて待っていて欲しいです。そんなモー娘。をアプガが抜き去る様を見たい!物語を強化する養分になって頂きたいのです。